大学編入体験記 #2

今回は受験勉強対策について


受験科目

山梨大学 情報メカトロニクス学科

選択専門(3つ)

材料力学 

機械力学

電子回路

デジタル回路

プログラム

離散数学


和歌山大学 システム工学科

数学

物理 力学 電磁学 波(音、光、)


長岡技術科学大学 電気電子情報課程

国語

数学

英語

選択専門(3つ)

電磁気

制御工学

電気回路

デジタル回路


TOEICを利用できる大学がなかったため、TOEICの勉強は年内にまでで切り上げた。

数学は、徹底研究 徹底演習を中心に勉強したが、徹底演習の方が過去問を多く取り扱っているので実践的な勉強ができたような気がしている。

行列の固有値 二重積分 微分方程式はどこでも出題されるので必須である。

技科大だと確率が出題される。過去問を見るとそこそこクセがあった。ただし、大学レベルの統計学をやらせる訳ではなく、所詮は高校レベルなので解けないこともない。


山梨 専門

機械力学 振動系 運動方程式 (ちょいムズ)

電子回路 オペアンプ トランジスタ増幅回路 

デジタル回路 論理回路 フリップフロップ応用 


和歌山大学 機械

数学

微積 行列 テイラー展開 微分方程式 などなど(割と簡単)


物理

力学 電磁気 波(音とかいろいろ) 

必ず力学と電磁気は出題される。 波関係はいろいろ出る。でも波を理解していれば大体解ける

力学は物理基礎演習を利用

電磁気学は学校で教科書になっているテキストを利用して、問題演習は基礎物理演習を利用した。



長岡

問題を見るとわかるが、そこまで複雑な問題が出されるわけではない。

特別に参考書を用意する必要はないと思った。学校の図書館や教科書を片手にひたすら過去問を解くことをお勧めする。

長岡の国語はほぼ勉強しなかった。(過去問を見たぐらい)

英語は一応過去問を解いたが、そこまで難しい問題はないが、短い英作文があるので長岡第一志望なら対策が必要だろう。

専門はどの科目も教科書レベル


次回は受験について

Dr.Leonardo's diary

「人生、山あり谷ありチェーンあり」 Dr.leonardoの趣味ブログ 現在は京都で自己イノベーション中 デザイン マネジメント エンジニアリングなど

0コメント

  • 1000 / 1000