激安!3Dプリンター購入 #3

テストプリント編

前回までで、組み立てが完了したので今回はテストプリントをしていく。


ひとまず、ペンケースをプリントして行こうと思う。

イメージ画像はこんな感じ

まず、プリントする前に ヘッドの高さ調整を行う。

ベッドは4つのバネ付きネジで固定されており、蝶ネジで止められているのでこれを回すことで高さを調整し、ノズルとの距離が全て等しくなるようにする。

しかし、これと言った基準があるわけでは無いので正直難しい。

ノズルとヘッドの間に定規を当ててみたりしたが、かなり感覚的な調整になっている。

ここは改良の余地がありそうだ。


いろいろ試行錯誤しながら、ヘッドの位置調整が完了すると次はノズルの高さ調整をする。

コントローラーでautohomeした時のノズルとヘッドの距離が0.1mmになるように高さ調整をする。

これもまた、ネジを回して微妙に動かして調整しての繰り返しなので、なかなか大変だ。

0.1mmの指標として普通のA4紙を利用した。ギリギリまで近づけて、紙が通るか通らないを探って調整した。

これも正直って微妙である。改良の余地はあるだろう。



それでは初プリント!!

残念ながら途中でワークがヘッドから剥がれてしまい、印刷失敗。

付属のマスキングテープで高さのある印刷は注意が必要だ。


初プリントを終えて、思ったことを述べていく。


1.意外とうるさい。

NCのように切削機が付いているわけではないが、それにしてもうるさい。夜中の造形は避けたい

2.細かい動きをするとメチャクチャ揺れるてネジが緩む

ベルトを固定するネジがかなり緩んでいる。これは精度にかなり影響しそうだ。

3.フィラメントの巻き込み具合

負荷なく取り込めるように工夫する必要あり

4.上の方に行くほど精度が低下する


といったところだろうか。


総評

思っていたよりも精度がよく、工夫すれば満足できる物が作れそうだ。

この価格帯でこれだけの物が作れれば何も文句ない。

今後は改造を加えて環境構築をメインにやっていこうと思う。

Dr.Leonardo's diary

「人生、山あり谷ありチェーンあり」 Dr.leonardoの趣味ブログ 現在は京都で自己イノベーション中 デザイン マネジメント エンジニアリングなど

0コメント

  • 1000 / 1000